2011年08月02日

スタスタ歩けるようになりました。

脳梗塞の後遺症で、足の持ち上がりが悪く歩幅もせまくなり、すぐ転ぶようになり困っていました。

歩行障害を自分で克服した体験をもつシェルマジック開発者と東京で会って、相談する事が出来ました。
脳梗塞等の後遺症で筋力が弱った方へ身体が歪み、骨盤も歪むため歩行障害になる人が多いと聞きました。

骨盤の左右の歪みが取れると歩幅が広くなるそうで、実際にシェルマジック腰用を麻痺が残らなかった側、
左腰に装着した状態で歩いてみました。

これまで、すり足気味に歩いていた両足が急に高く持ちあがり、歩幅も広くなりびっくりしました。
背骨も歪んでいる事が解り、シェルマジック首用も装着すると更に歩きやすくなりました。

以前の様にスタスタ歩けるようになり、まるで夢を見ている様です。
教えてもらった「リハビリ運動」に励み、旅行も楽しめるようになって嬉しいです。

(横浜市 60代女性 )




posted by シェル at 17:55| お客様の声